話題のスポットに潜入! 無印良品 銀座!

『フイナム』をご覧のみなさま、

こんばんは、村松です。

振り返ったら、

前回ブログを書いたのは

なんと昨年10月…。半年前…。

時間が経つのは本当にあっという間ですね。

 

久しぶりのブログでは、

ちょうど今日(4月4日)にオープンした

無印良品 銀座」を紹介します。

その全貌を一足早く確かめたくて、

数日前、内覧会に行ってきました。

 

場所は銀座駅銀座一丁目駅の中間あたり。

和光や松屋がある中央通りから

ちょっと中に入った場所にあります。

 

f:id:hynm:20190402115355j:plain

 

上の写真では分かりづらいですが、

このお店は「無印良品」単独店舗のなかで世界最大!

地下1階から10Fまで「無印良品」!

まずその大きさに圧倒されます。

 

まず1階は食品売り場です。

レトルト食品やドリンク、お菓子、冷凍食品といった

定番品も並んでいるのですが、この階の見どころは

マルシェ風の野菜売り場やベーカリー、ジューススタンド!

しかも、お弁当も販売しています。

なんと事前に頼めば配送もしれくれるそう。

潔いいパッケージデザインはやっぱり無印ならではですね。

 

f:id:hynm:20190402115514j:plain

f:id:hynm:20190402115530j:plain

f:id:hynm:20190402115536j:plain


地下1Fは食堂。

オープンキッチンになっていて、

目の前のショーケースには

たくさんの肉や魚が並んでいて今っぽい!

シェフがつくる様子が近くで見れる、

ライブ感のある感じがとてもいいです。

さらに、「豆腐工房」なるものがあり、

店内でつくったばかりの豆腐を食べられます。

その製法は宮古島にある「石嶺とうふ店」から

教えてもらったものなのだそう。

 

f:id:hynm:20190402123752j:plain

 

2階は、紳士婦人ウェア、バッグ、靴の売り場です。

特にシューズのコーナーは圧巻。

壁やラックにこれでもか!と並べられていて、

ついつい手に取ってみたくなります。

すべてシンプルかつベーシックなデザイン。

 

f:id:hynm:20190402122958j:plain

f:id:hynm:20190402122941j:plain

 

3階は下着や文房具、旅行用品、

ヘルス&ビューティに関連するものがずらり。

靴下もすごい量です。

こんなにあるだ!って絶対驚きますよ(笑)。

下の写真には写っていませんが、

大きなラックにずらーっと並んでいます。

このフロアでは自転車も販売。

 

f:id:hynm:20190402122407j:plain

f:id:hynm:20190402122537j:plain

 

4階は家具やキッチン用品、子供服など。

5階はベッドルーム、収納道具、家電、照明、

掃除・洗濯用品などが揃っています。

カゴを無造作に天井からぶら下げたディスプレーも

ついつい気になって見てしまいます。

 

f:id:hynm:20190402121730j:plain

 

続いて紹介する6階から10階はホテル!

世界で3店舗目となる「MUJI HOTEL」で、

コンセプトは「アンチゴージャス、アンチチープ」。

 

フロントの壁に使われている石は、

なんと50年前まで東京を走っていた

路面電車の敷石!

 

f:id:hynm:20190402120032j:plain

f:id:hynm:20190402120855j:plain

 

客室の数は79。9つのタイプがあります。

価格は部屋の広さに応じていますが、

14,900円〜55,900円とのこと。

銀座の一頭地でこの価格です。

(利用人数によって、追加料金が掛かるそう)

 

f:id:hynm:20190402120412j:plain

f:id:hynm:20190402120608j:plain

f:id:hynm:20190402120711j:plain

 

f:id:hynm:20190402120726j:plain


 どの部屋も木の温もりを感じられる、

無印良品」ならではシンプルなデザイン。

余計は装飾はなく、銀座の喧騒を忘れて、

落ち着いてゆっくりできる空間になっています。

もちろん備品の多くは「無印良品」のもの。

こういったことができるのはさすがといえます。

 

無印良品 銀座」は本当に圧巻。

衣食住にまつわるすべてが揃っています。

無印好きはもちろん、そうじゃないひとも

ぜひ訪れてみることをおすすめします。

 

編集:村松