マーガレット・ハウエルとバラクータによる「G-3」。

『フイナム』をご覧のみなさま、こんにちは。村松です。

初夏のような陽気とは打って変わり、

今日は朝からどんよりとした曇りで、

どこか肌寒いですね。

 

先週、今日のような日にちょうどいい

薄手のブルゾンを買いました。

3月の記事「Shopping Addict」で紹介した

マーガレット・ハウエルとバラクータが

コラボレーションした「G-3」です。

 

記事を掲載したときは

買うべきか悩んでいたのですが、

これを逃したら手に入れられないと思い、

思い切って購入しました。

 

f:id:hynm:20170515084610j:plain

 

マーガレット・ハウエルは、バラクータと組んだ

ブルゾンを以前から不定期でリリースしています。

「Shopping Addict」に書きましたが、

ぼくにとってこのブルゾンは思い出深い服のひとつ。

かつてリリースされた下の写真のモデルを、

まだ前職にいたころ、スタイリストの方から譲ってもらいました。

7年ぐらい前だったと思います。

 

f:id:hynm:20170515084910j:plain

 

新作との大きな違いは、内側のチェック。

旧モデルはベージュの素朴なチェックだけど、

新モデルは英国っぽい

鮮やかなハウスチェックが使われています。

また、旧モデルはネックの首が当たる部分に

リブがあしらわれているのも特徴と言えます。

こうして比べてみると、表の色もだいぶ違いますね。

 

「G-3」を譲ってもらってから、

毎年、春や秋に欠かさず愛用しているので、

色が褪せて、首回りもかなり汚れているけど、

いまでも大切に着ています。

一見、着やすいように見えるけど、

意外とコーディネートし辛い、

クセのあるところも気に入っています。

例えば、これにリーバイスのジーンズ、

オールスターのハイカットを合わせると、

70年代ぐらいのアメリカにいそうな、

学生風のスタイルになります。

 

これまで色々な服を着てきたつもりだけど、

同じアウターの新作を持つことはありませんでした。

これもファッションの醍醐味のひとつと言えますね。

 

編集:村松 諒