読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりに買った写真集。

『フイナム』をご覧のみなさま、こんばんは。村松です。

編集部は、雑誌『フイナム・アンプラグド』が校了間近。

長期戦だった編集作業がやっと終わると思うだけで、気持ちがほっとします。

発売日は3月24日(金)。

そんな状況なので、このブログもなかなか更新されませんが、

せっかくなので前回に続いて書こうと思います。

 

 

つい先日、久しぶりに写真集を購入しました。

2月の「SHOPPING ADDICT」で紹介した〈クレプスキュール〉の一冊です。

買った理由は、ぼくがよく仕事をお願いする写真家の松本直也さんと

スタイリストの檜垣健太郎さんが作ったというのもあるけど、

ここに載っている写真を眺めていると、

どこか心があたたかい気持ちになるから。

名だたる写真家がつくったものよりも距離感が近いというか。

今回は「SHOPPING ADDICT」であまり載せられなかった

中ページを中心に紹介します。

 

 

f:id:hynm:20170311143526j:plain

装丁はなにもない無地だけど、なんとも言いづらい独特な色使いが印象的。

ぼくが買ったブルーのほかに、3色あります。

 

 

f:id:hynm:20170311143558j:plain

f:id:hynm:20170311144126j:plain

f:id:hynm:20170311143629j:plain

f:id:hynm:20170311143814j:plain

f:id:hynm:20170311143927j:plain

f:id:hynm:20170311143946j:plain

f:id:hynm:20170311144301j:plain

被写体は、友達やその家族。

〈クレプスキュール〉の服を着て、

はしゃいでいたり、笑っていたりする姿が印象的。

前書きやキャプションといった文章はなにもないけど、

その場の雰囲気が数々の写真からよく伝わってきます。

 

写真の余韻が残るように、

余白を大胆に使った米山菜津子さんのブックデザインも素敵です。 

 

値段は3,800円。

本屋やオンラインでは売っていないので、写真集が気になるかたは、

オーバーリバーに問い合わせてみてください。

overriver.com

 

 

村松 諒