読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポール・スミスの新作をひと足早く紹介。

こんばんわ、村松です。

 

11月は次のシーズン(2017春夏)に向けた

メディア向けの展示会がたくさんのブランドで行われています。

『フイナム』では、スケジュールが合うかぎり、

展示会は編集部員みんなで行くようにしています。

数が多い日は、午前中から夕方までずっと展示会回り。

先日も雪が降るなか、みんなで行ってきました。

その中からポール・スミスの新作をひと足早く紹介します。

 

f:id:hynm:20161124131911j:plain

 

f:id:hynm:20161124132028j:plain

 

まず目に飛び込んできたのが、鮮やかなストライプ。

人のこころをドキッとさせてくれるような、

良い意味で期待を裏切ってくれるのはポール・スミスならでは。

モノトーンのジャケットとパンツに、写真のニットを合わせたら

洒落たコーディネートができそう。

今回は、ポールさんがティーンエイジャーだった、

1960年代のウエストロンドンに多く暮らしていたという

カリブ系の移民からヒントを得ているそうです。

 

この鮮やかなストライプを見たとき、

グラスゴー出身のアーティスト、ジム・ランビーの

ビニールテープを使った作品を思い出しました。

いまでも8年前に原美術館で行われた展覧会が記憶に残っています。

 

f:id:hynm:20161124131755j:plain

f:id:hynm:20161124131746j:plain

 

続いて紹介するのは、花のデザインが愛らしいジャケット。

一見、プリントのようにも見えますが、実は刺繍なんです。

人のこころになにかを訴えかけるような、

ポールさんらしい遊び心が表現されています。

 

f:id:hynm:20161124132403j:plain

 

ウィメンズのコレクションには、こんなウォレットも。

花のイラストを使いながら、

派手さを抑えた絶妙なバランスでデザインされています。

女性ものですが、ちょっと欲しいなって思いました。

1月の「ショッピングアディクト」で紹介しようかな。

みなさんもポール・スミスの来シーズンに注目してみてください。