簡単、スピーディに自分だけのTシャツを。さらなる進化を遂げたUTme!をイジってきました。

こんにちわ、山本です。


先日、ユニクロのオリジナルTシャツを作れるアプリ「UTme!」の新機能の発表会にお邪魔してきました。

新機能ってのは、作ったTシャツをそのまま販売できるというもの。一枚売れると、デザインした人に300円の報酬が支払われるそうです。

その他にもTシャツのカラバリやエフェクトのバリエーションも増えたようなんですけど、案ずるより産むが易し。とりあえず、下記リンクからポチッとダウンロードして体験してみてください。


UTme! - スマホでデザイン、君だけのUT。

UTme! - スマホでデザイン、君だけのUT。

  • UNIQLO CO., LTD.
  • ユーティリティ
  • 無料

というわけで、僕も発表会の会場内にあった体験ブースで早速試してみました。

こういった自らデザインするやつは悩むとドツボにはまるので、デザインはシンプルにカタカナで「フイナム」。エフェクトも新たに追加された「MoMAエフェクト」を採用。

パッと文字を打って、シュシュシュっとアレンジして、デザインは決定。その場にあるプリンターで出力し、あっという間に完成したのがコチラです。


f:id:hynm:20150428143904j:plain
f:id:hynm:20150501103714j:plain


う〜む。悪くはないけど、カタカナの破壊力というか、認識力の強さを改めて実感。「売る」には適していないものの、「共有」するには良さそう。たとえばフイナム ランニング クラブ♡でお揃いにしてみたり。

仙台ハーフマラソンに参加するメンバーのみなさま、いかがでしょう?