キャンプハイシーズン到来。

こんにちは、編集部の中田です。

5月に入ってから、毎週のように開催されているフェスと同時に、ハイシーズンを迎えたキャンプ。

誰でも一年中楽しめるアクティビティのひとつで、季節ごとの楽しみ方が出来るのが魅力ですが、なかでも日本におけるハイシーズンは夏。ピークは7月中旬から8月のお盆後くらいが一般的だそうです。この時期のキャンプ場は一年のなかで一番賑わい、国内のあらゆるキャンプ場はこの時期にオープンしています。ただ、個人的には、日中暑すぎず、夜寒すぎない、一日中快適な時期(梅雨までの初夏、9月から10月中旬くらい)にやるのが好きです。

そんなわけで、まだ今年キャンプに行ってない人、何度か行っている人、あるいは今年からキャンプをはじめよう(ギアを揃えよう)を思っている人に向けて、2018年版の買っておくべきキャンプギアを60個集めてみました。

ソロキャンプ(1人)、恋人(2人)、4〜6人(家族、友人など)の3カテゴリに分けて、それぞれテント・シュラフ・ターブ・チェア・テーブル・BBQグリル・バーナー・クーラーボックス・ランタン・焚き火台・調理器具・カトラリー・炭&着火材・便利アイテムを紹介しています。

ちなみに撮影日は晴天。おかげさまで頭と腕がこんがり焼けて、一皮むけました。

f:id:hynm:20180522110258j:plain

いずれもキャンプをより楽しく、快適なものにしてくれるギアばかりです。ぜひチェックしてみてください!

www.houyhnhnm.jp

古着サミットでもお馴染みの、あの人が遂にユーチューバーに!?

寝る前に必ずYouTubeをチェックする、編集の石井です。

いくつかの気になるチャンネルと好きな音楽を気ままにザッピングしながら眠たくなるまで見てしまうのですが、昨日またひとつ注目のチャンネルが開設しました。 

www.youtube.com

ヴィンテージデニムのスペシャリストにして、日本を代表する古着店「ベルベルジン」のディレクター・藤原裕さんによる、ヴィンテージ古着を解説したチャンネル「ヴィンテージデニムアドバイザー 藤原 裕 CH」!

なんとっ! あまりにも意外過ぎてびっくりしました。

さっそく拝見しましたが、、、ゆたかさん、トークが流暢過ぎてユーチューバー初心者とは思えません。さすがです。

すでに2本の動画が公開されており、#2では「リーバイスの501XX 革パッチ」をお題として取り上げています。スペシャリストによる解説、しかも実物を手に取って細かなディテールまで見れちゃうという。価格もしっかり提示してくれるので相場もわかるし、何より買う時の参考になるので嬉しい限り。
これは勉強になります。ありがたや、ありがたや。


www.youtube.com


今後はどんな古着が取り上げられるのか、いまから楽しみですね。次は例のGジャンでしょうか。後ろがT字やつとか!? 普段はなかなかお目にかかれない、ベルベルジンならではのスペシャルピースが今後も色々と出てきそうなので、古着好きの方は必ず登録して見るべし! ですね。



store.houyhnhnm.jp
古着といえばこちらもお忘れなく。都内屈指の実力店およびヴィンテージディーラーが参加する、古着のアンティークモール「フイナムズ」。良い古着揃ってますよ!

フイナム初登場! 又吉直樹さんと小袋成彬さんの対談が面白い。

4年に一度のワールドカップレベルで久々すぎる、ブログ日本代表の編集部・小林真理です。

宇多田ヒカルプロデュースという惹句を抜きにして、すでに魅力的なアーティストである小袋成彬さん。コブクロと書いて、オブクロと読みます。

4月にリリースされた『分離派の夏』は、新人(とはいえ音楽活動は長いことされていますが)らしからぬ、落ち着いた曲調、素晴らしい歌声、唯一無二の世界観といった、いわゆるJ-POPらしからぬアルバムで、ここ最近のヘビロテです。個人的には、一番最初にできたという曲『Daydreaming in Guam』が好き。

www.sonymusic.co.jp

こちらはリリースに先立って公開されたプレイリスト。

open.spotify.com


そんな小袋さんたっての希望で、又吉直樹さんとの対談が実現しました。

www.houyhnhnm.jp

又吉さん、静かな口調なんですが、さすが芸人でした。

中でも「ノブくん王様、又吉乞食。ノブくん王様、又吉乞食」は、そのリズムと合わせるとほんとに爆笑でした。あー笑った。

ちなみに、「乞食」という言葉、いわゆる禁句なのでしょうが、当時の言葉なので、そのあたりは当時ママとしています。

表現者の考え、世界観を知るのはもちろん、なによりも表現者としての覚悟について敬服しました。

取材後の余談で、お二人とも地図が好きだとか、好きじゃないとか。。。

面白いのでぜひ徹頭徹尾、読んでみてください。

編集:小林真理