絵本アイビーボーイ図鑑からは多くを学びました。

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。編集の石井です。

先日公開した「トラッドワードローブの揃えかた。」はもうご覧になっていただけましたか?
www.houyhnhnm.jp
Mr.アイビーことイラストレーターの穂積和夫先生を講師に迎え、いまの時期に必要なトラッドワードローブついてお話を伺いました。
最近のファッションのトレンドからすると、“トラッド"ってちょっと堅苦しくて古臭いと感じる人もいるかもしれません。けれどトラッドは基本のキであり、ファッションの根底にあるものです。だからどんなスタイルにも応用できるし、トラッドを知っているか知っていないかでは、スタイルの奥行きが違うと思うのです。

要するに、どんなファッションを趣向しようがトラッドを知っておいて損はないということ。まだこちらの記事を見ていない方はぜひ、ご一読を!

f:id:hynm:20180504202957j:plain


写真は穂積先生の著書『絵本 アイビーボーイ図鑑』(講談社)の初版本。イラストを使ってわかりやすくアイビーファッションを解説した、言わずと知れた名著ですね。僕もこの本を何万回も読んで勉強したクチです。ふだんは愛育社から出た復刻版を使っていますが、カバーはオリジナルの方が個人的に好みです。

このカバーのアイビー坊やがまた可愛いくてイケてるんですよ。
右の坊やは、金ボタン上2つ掛け、3パッチポケットでウエストはパッチ&フラップの赤いクラブジャケット(まさにブレイズ!)。B.D.シャツにレジメンタイルタイを締めて、グレーフランネルのスラックス(ダブル幅は3.5センチ!?)にサドルシューズ。もう一人の坊やは、エルボーパッチ付きのニットにホワイトジーンズ(もちろんくるぶし丈!)。インナーにB.D.シャツを着込んで、足元はキャンバススニーカー。

"ねばならない"をしっかりと踏んだ、完璧なアイビースタイル。文武両道を体現するアイビーリーガーの代表的な2スタイルですね。

アイビースタイルには厳格なルールがあります。各アイテムのディテールや、合わせ方、色の使い方などなど。"ねばならない"というお約束が細かに設定されているんですね。そしてそのルールを覚えるのが面白くもあり醍醐味なんです。

個人的に思うことですが、僕の知っているおしゃれな人は、大抵このルールをしっかりと理解している人です。それがモードだろうがストリートだろうが、はたまたアメリカンカジュアルだとしても。このルールを知っているからこそできるハズしや、応用ってあると思うんです。「ファッションは自由なものだし、ルールなんてナンセンスじゃない!?」 という意見もわかりますが、やっぱり基本のキを知っている人は土台が違いうなぁと感じます。

いまのトレンドのファッションとは真逆にあるものかもしれませんが、だからこそ改めてトラッドを見直してみてはどうだろうと、この特集を企画してみました。
今回は穂積先生を講師にお迎えしましたが、次回はまた違う方にお願いしようかと画策中です。ご期待ください!


f:id:hynm:20180504203014j:plain
取材の際にサインを頂戴しました。"K"のマークにしびれます。

f:id:hynm:20180504203035j:plain
左は待望の復刻を果たした『着るか着られるか』(草思社文庫)の文庫。1964年刊行のオリジナルは神保町あたりに行くと1万円くらいするので(しかもあまり市場に出てこない)、この復刻はありがたい限り。右はアイビー図鑑の第三弾にあたる、2014年に発売された『絵本アイビー図鑑』(万来舎)。いまの目線で解釈したアイビーファッションが、イラストとともに紹介されています。どちらも面白い本なので、先に紹介した『絵本アイビーボーイ図鑑』と合わせてチェックを。

「SPRING BREEZE」はやっぱり特別なイベントでした。

『フイナム』をご覧のみなさま、こんにちは。

編集の河原です。

4月15日(日)はスペースシャワーTVが運営している音楽イベント「SPRING BREEZE 2018」に行ってきました。

www.spaceshowertv.com


f:id:hynm:20180415143613j:plain
①MONO NO AWARE

f:id:hynm:20180415154623j:plain
CHAI

f:id:hynm:20180415165023j:plain
③LUCKY TAPES

f:id:hynm:20180415172622j:plain
竹原ピストル

f:id:hynm:20180415184004j:plain
くるり

f:id:hynm:20180415195059j:plain
⑥ペトロール

というラインナップ&タイムテーブルで進んだ「SPRING BREEZE」。
完全に嵐の予報だったんですけど、いざ当日はすこぶる良い天気に。タイトルにぴったりなライブ日和に胸が弾みました〜〜。


「SPRING BREEZE」の初回だった、2015年の会場にもいたんですが思い返してみても、なんだか “特別感” があって。


まず大前提、野音はやっぱり紛れもなく特別だと行くたびに感じます。
ステージの奥に見えるビルと、周りを囲む背の高い木々。自然! って感じでもないですが、マイナスイオンが出てます、確実に。マイナスイオンが。


だれがステージで演奏していても、日が沈んでいくさまが音楽と必ずリンクしているような気がするし、日が暮れれば照明演出に自然と気持ちは高まる。時間の流れをより意識しながら観るライブってのは2倍、3倍も良くって。行ったことある人は感じ方それぞれでしょうけど、近い感覚になったことあるんじゃないでしょうか。。


f:id:hynm:20180415154639j:plain

f:id:hynm:20180415171203j:plain

近いジャンルを連続させない(意図的かはわかりませんが。)タイムテーブルの組み方もまたうまい! 同じ空間でライブを見続けているのに、新旧、ジャンル問わず入り乱れるステージにずっと興奮しっぱなしでした。一見、いまを彩る音楽家たちの並びなんだけど、なんだか「SPRING BREEZE」流の編集が入っているような。アーティストたちも肩の力を抜いてそこに立っている。そんな気がします。

f:id:hynm:20180415144105j:plainf:id:hynm:20180415165236j:plain


くるりは、期待していた新曲「その線は水平線」をやってくれませんでしたが、そのさらに新曲「東京オリンピック」を演奏。不穏な拍で曲がはじまって、演奏的にも身体的にも大きなモーションを散りばめながら、一気に壮大なクライマックスまで。こんな大きなテーマを堂々と奏でるのは、やっぱりくるりのようなアーティストじゃないと!奥に東京タワーを見ながら聴く、「琥珀色の街、上海蟹」にもしびれました。


僕が日本で一番好きなバンド・ペトロールズは、もう御見逸れ入りました。マイペースな歩みはいままで通りなのに、純度はますばかり。さらにチケット取れなくなっちゃうな。。 「Renaissance」がリリースされた10周年のツアーファイナルステージも野音でしたし、これまた特別なひとときでした。


www.houyhnhnm.jp
ちなみに、10周年の野音の模様はこちらで記事になっています。


周りを見てみると、いわゆるファッション関係の人たちもチラホラいたようで
そっち系の人たちからも注目されているフェスなんだと再確認。

フイナムでもペトロールズの長岡さんに何度もご出演いただいているし、CHAIなんて
女性誌に引っ張りだこ。頷けますね。

www.houyhnhnm.jp

瑞々しいアーティストが毎年登場する「SPRING BREEZE」。来年の開催には、フイナム読者の皆々さまもぜひ行ってみてください!

f:id:hynm:20180415185422j:plain
パシャパシャ撮影するのも良くなかったので、先月あたり髪を切ってさっぱりした小牟田編集長なめの野音の写真だけ。。

編集・河原

初のシンガポール。ホテルの従業員に聞いたフードコートが最高でした。

『フイナム』をご覧のみなさま、

こんばんは、村松です。

先月末、ラコステのプレスツアーで

インドネシアビンタン島に行ってきました。

その模様は近々記事で紹介するのですが、

このブログでは、帰りに1泊した

シンガポールのことを書こうと思います。

 

f:id:hynm:20180414152412j:plain

 

僕はシンガポールを訪れるのが初めて。

ビンタン島から着いたときは夜で、

一緒に行った上司と朝食ぐらいは

せっかくだからローカルフードを食べようという

話をしていました。

候補は、定番と言われる中華粥。

ただ目当てのお店は泊まったホテルから

タクシーに乗って行く距離でした…。

 

たまたまホテルのロビーで

上司と話していたとき、思い切って片言の英語で

近くにいたホテルの従業員に

おすすめの朝食のお店を聞いたところ

教えてくれたのが、

「ZION RIVERSIDE FOOD CENTER」。

 

f:id:hynm:20180414154312j:plain

 

f:id:hynm:20180414154403j:plain

 

時間は朝7時半ごろ。

実際に行ってみると東南アジアに

よくありそうなフードコートでした。

テーブルとか汚いんだろうな…と思ったのですが、

なんと掃除のおばちゃんがいて、とてもきれい。

ちょっと朝早かったので、

閉まっている店もあったのですが、

いくつかは営業していました。

 

f:id:hynm:20180414154429j:plain

 

f:id:hynm:20180414154617j:plain

 

f:id:hynm:20180414154449j:plain

 

f:id:hynm:20180414154532j:plain

 

f:id:hynm:20180414154547j:plain

 

f:id:hynm:20180414154504j:plain

 

ご飯、麺、カレーなど、

さまざまな店があって、

どの店もおかずを含め種類が豊富。

どれも美味しそうで選ぶのが難しいくらいでした。

結局、食べるのに夢中になってしまい、

自分たちが注文した料理の写真を

取り忘れるというハプニングも…(笑)

値段はワンプレートにご飯といろいろなおかずが乗って、

1人分が5シンガポールドル

※1シンガポールドル=約80円なので400円ぐらい!

 

朝早かったこともあり、

観光客は誰もいませんでした。

シンガポールでローカルフードを堪能したいときは、

「ZION RIVERSIDE FOOD CENTER」がおすすめですよ。

www.tripadvisor.jp

 

編集:村松