映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

『フイナム』をご覧のみなさま、

こんばんは。村松です。

12月1日は忘年会「HOUYHNHNM YEAR END PARTY」でした。

普段なかなか会えないかたとも

お話できたり、声を掛けてもらったり、

本当にたくさんの方々に支えられていると実感しました。

来て下さった皆さま、ありがとうございました。

 

 

今回のブログでは

先日、試写で観た映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』を紹介します。

 

この映画はドリス本人に迫ったドキュメンタリー。

2014年9月から2016年1月までを密着し、

ショーの舞台裏を始め、服の製作過程からプライベートまで紹介。

特にいま、ファッションを続けるのが難しい時代のなかで、

資本提供を受けることなく、

誠実にクリエーションを行っているのが伝わってくる内容です。

 


映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』予告

 

ファッションデザイナーの

ドキュメンタリー映画というと2014年に公開された、

ラフ・シモンズの『ディオールと私』が記憶に新しいですね。

ラフが初めて手がけるオートクチュールを題材に、

通常より短い時間のなかで作らなければいけない、彼にのしかかる重圧や、

それをサポートするディオールの優れたアトリエチームに迫った映画でした。

 

ドリス・ヴァン・ノッテンの映画は、

クリエーションはもちろんですが、

とくにプライベートな部分が印象的。

アントワープ郊外の自宅での様子など、

パートナーとの生活がしっかり捉えられていて、

ドリス本人の人柄がとてもよく伝わってきます。

 

個人的な話ですが、

3年から4年前に渋谷のトゥモローランド

ドリス ヴァン ノッテンのセットアップを購入しました。

ネイビーのカジュアルなスーツで、

少し長めの丈でやや大きめのラペルがついた

ジャケットが気に入っています。

先日、友だちの結婚パーティーに着ていったときに

やっぱり良いものは時間が経っても

古びないと改めて実感。

 

正直なところ、ドリス ヴァン ノッテンの服は

なかなか気軽に手の出せるものではないと思います。

だけど、映画を観て、そこには相応の理由があることが分かったし、

このブランドに対しての思い入れがより強くなりました。

映画は来年1月13日(土)から公開。

ファッションが好きなひとにぜひ観て欲しい一本です。

 

f:id:hynm:20171203174527j:plain

 

dries-movie.com

 

編集:村松

「これはエモい」ステッカー。

こんにちは。
編集部の長嶋です。

以前から、知人の間でまことしやかに流行っているステッカーがあります。

f:id:hynm:20171107190948p:plain


一押しは「これはエモい!」


インターネットスラングを生活感溢れるモチーフとドッキングしたあたりが、皮肉っぽくてキャッチー。


f:id:hynm:20171107190950p:plain


いろいろ使えます。


f:id:hynm:20171107190943p:plain


「バイブス」って言いがちな方に最適な新作も。


作っている方の情報はこちら。

名前:ki_moi(きもい)
プロフィール:デザイナー。各種イベントやインターネットを中心にあかるくたのしい趣味のデザイン活動をしています。デザイナー7人組グループ・シンコペーションズの一員としても活動中。富山県出身。
twitter / instagram : @ki_moi


ありふれたものに皮肉を加えて、クールな方へ打ち上げるスタンスが魅力的です。

週末のデザインフェスタで販売されるようなので、気になる方はチェックしてみてください。



編集:長嶋

このブログにはうどんのことしか出てこない。

こんにちは。
編集部の長嶋です。


遅めの夏休みをいただき、香川へ行ってきました。
目的はそう。うどんですね。

前置きは抜きにして、早速うどんのことを振り返っていきます。


1杯目:かわたうどん
f:id:hynm:20171101122711j:plain

のっけから変化球です。

18時ごろ高松空港に着き、レンタカーでホテルへのルートを検索。
道すがらに人気店「もり家」があると知り、嬉々として目指すもなぜかお休み。

代わりに近隣のお店を探してヒットしたのが、ここ「かわたうどん」でした。
香川のうどん屋さんは基本的に朝方。21時までやっている店は貴重です。

「かわたうどん」の食べログは3.2。そこそこのスコアですね。
お店の名物を、ということで選んだのがこの「味楽るうどん」。
ネーミングのいなたさにグッときます。

山芋、牛肉、卵がのったぶっかけうどんに、すだちとわさびでアクセントを加えながら食べすすめる、非常に個性的なうどん。
甘めの味付けに牛肉の旨味ととろろがあわさって、まず一口目から劇的にうまい。
麺のコシと、口の中をなでるような質感。強い味つけをしっかりと受け止めそして打ち返す、これぞ香川のうどんか!という衝撃の初接触でした。

ここは、「高松のおすすめうどん◯選」とかに選ばれるような有名なうどん屋さんではありません。
にもかかわらず大変においしい。さすがのうどんポテンシャル。侮れない。



2杯目:釜あげうどん 長田 in 香の香
f:id:hynm:20171101154301j:plain

釜あげうどんの名店。店名に掲げるだけあって、大体の人が釜あげを食べています。
桶に入った釜あげうどんを囲むグループもちらほら。

食べログスコアは4.1。食べログにばかりとらわれるのもなーと思いつつも、高く評される理由を知りたがるのが人の性。
釜あげと冷やし、どちらも頼んでみました。

f:id:hynm:20171028094056j:plain

まずは冷やしから。まさしくフードポルノ、というビジュアルですね。つやっつや。
「コシの強さ」というわかりやすい水準ではない、なんともいえずやわらかいのに歯ごたえのある麺。噛むたびに感じる甘さ。
いりこ出汁の利きまくったつゆは、いわゆるうどんのつゆの既成概念を打破する味わいでした。この例えが適切かどうかはわかりませんがラーメンのつゆに近い感覚。

本命の釜あげは冷よりも甘さが際立ち、やわらかくもたしかな噛み心地があります。
インパクトはないけれど、じわじわくるおいしさ。原始的なうどんのうまさを知りました。
トッピングなども最小限で、ストイックな美学を感じるお店。



3杯目:元祖しょうゆうどん 小縣家 (おがたや)
f:id:hynm:20171028105000j:plain

超有名店であり、個人的ベストうどん。
太め、コシ強め、ツヤ強めの麺に、自分でおろした大根おろし、ねぎ、すりごまを好きなだけかけて、すだちをしぼり、そして醤油をひとまわしして食べる。

f:id:hynm:20171028105248j:plain

これぞ完璧な調和!各種トッピングが主張しあいながら、麺をしっかりと引き立てる。どれかひとつ欠けていても成立しない美味しさだなと。麺そのもののうまさが前提としてあるわけですが、料理としての完成度の高さに驚きました。

大根、すだち、ねぎ、ごま、しょうゆ。この組み合わせは黄金比ですよ、ぜひご家庭でうどんを食べる際は試してみてください。



4杯目:うどんバカ一代
f:id:hynm:20171029125018j:plain

釜バターうどん発祥のお店として知られるこちら。
あつあつのうどんにバター、たまご、胡椒、醤油で召し上がります。トッピングの揚げ物類はセルフ方式。

f:id:hynm:20171029125044j:plain

卵をオン。見目麗しいです。

決して広くない店内には、入れ替わり立ち替わりにたくさんの人々がやってきて、一心不乱にうどんをすするすする。
地元の中学生が席につくやいなやすごい勢いでうどんを吸引し始めた様子がとても微笑ましかったです。これぞ文化だなー。
もっちりしつつ、つるっとした軽やかさも持つ麺。まろやかな味付けとよく合いました。こちらもぜひご自宅で試して欲しい食べ方です。



5杯目:本格手打 もり家
f:id:hynm:20171030134752j:plain

おいしいかき揚げが食べたい!という思いにフルスイングで応えるのがここ「もり家」。
初日の雪辱を晴らすべく、再訪しました。

名物はおろしかき揚げうどん。とにかくでかいかき揚げが目を奪います。というか、かき揚げの印象が強すぎて、麺に関してあまりコメントが思いつきません。おいしかったんだけどね。
高松で揚げたてのかき揚げが食べられるお店は意外と少ないので、揚げ物ラバーにとっては外せません。




以上。香川うどんレポートでした。


せっかくなので、うどんにまつわる書籍もご紹介。

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

村上春樹の名作長編。主人公が高松駅でうどんを食べるシーンをはじめ、香川を舞台にして物語が進んでいきます。
大好きな小説のうちの一つ。四国に行きたくなります。

辺境・近境(新潮文庫)

辺境・近境(新潮文庫)

こっちは村上春樹のエッセイ。細やかな目線でうどんについて掘り下げています。
以下のブログ記事もおもしろかったので、あわせてご覧ください。
www.s-ichiryuu.com

うまひゃひゃさぬきうどん

うまひゃひゃさぬきうどん

広告業界の有名人さとなおさんがうどんについて情熱たっぷりに語る一冊。
うどんとはカルチャーである、と知るきっかけになりました。以下でも読めるみたいです。
さとなおのさぬきうどんスペシャル!|さとなおのおいしいスペシャル

さくらえび (新潮文庫)

さくらえび (新潮文庫)

ご存知さくらももこのエッセイ。「ヒロシの挑戦 しまなみ海道」というエッセイの中でうどんについて書かれています。
「小縣家」も登場しますよ。四国の魅力が感じられる話で、するんと読めます。おすすめ。

さて、いてもたってもいられなくなった東京のみなさまは、このあたりをどうぞ。


おにやんま/中目黒
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13199054/


山下本気うどん/渋谷
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13213686/


それでは、いいうどんライフを。

編集:長嶋