拝啓、リリーさん。

失礼します、編集部の小林真理です。

長いこと、ブログレスでした。

もっとライトにぽこぽこアップしていかなきゃな、ということで近況のお仕事関連をひとまず。

笑に笑ったその著書を入り口にして、最盛期、最も盛っていた時期にはラジオ『TR2』を毎週テープにダビングして聴いていたほど好きなリリー・フランキーさんに取材してきました。

TR2』リスナーにはわかると思いますが、村田卍がその後どうなったのかもちろん聞けるわけでもなく、、、正攻法で映画『美しい星』について吉田監督と話してもらいました。

わかるひともわからない人もこの曲を聴きながら、記事を読んでください。

www.youtube.com



www.houyhnhnm.jp

こちらにもある通り、リリーさんの周りにはおかしなギリギリの人が吸い寄せられてくるんです。

今度お会いするときには、その秘訣も聞いてみたいものです。

ちなみに、映画は文句無く面白いです。リリーさん自身が、ギリギリの人になってます。

黒のスニーカーを買うなら「YOOX」がいいかも。

『フイナム』をご覧のみなさま、こんにちは。村松です。

関東は今週から梅雨入り予報。

すでに湿度が高くて、今日もじめじめしてますね。

最近どんな格好をしていいのか分からなくて、

結局、毎日同じような服で過ごしています。

 

今回は、昨年から好んで履いている黒のスニーカーを紹介します。

今年3月の「Shopping Addict」では

オールブラックのスタンスミスを選びました。

以外と知られていない「ABC-MART」限定のモデル

手に取りやすい価格でありながら、

本革を使っているところがいい。

もう半年以上履いていますが、

ブラッシングするだけで汚れもまったく目立ちません。

 

スタンスミスに続いて、数ヶ月前にもう一足、

黒のスニーカーを購入しました。

オンラインストア「YOOX」で買った「DKNY」です。

 

f:id:hynm:20170606090253j:plain

f:id:hynm:20170606090335j:plain

 

これもオールブラック。

スタンスミスとの違いを求められると

困ってしまいますが、見た目はほぼ一緒(笑)。

ただ、細かいことを言うと

つま先がスタンスミスよりもぼってりしています。

シュっとしてないというか。

あと、靴のサイドには「DKNY」の文字が

型押しで施されています。

ただ、黒なので目立たないところがいい。

 

これを履いていると、たまに

そのスニーカーどこのですかと聞かれます(笑)

おそらく日本で展開されてないモデルだから。

 

僕が買ったときは、送料無料で18,800円。

だけど、いま「YOOX」をチェックしたら14,800円でした…。

 

www.yoox.com

 

「YOOX」には見たことのないスニーカーがあるから

以外と良いかもしれません。

しかもセールや送料無料キャンペーンも良くやってます。

ざっと見てたら以下のスニーカーがいいかも。

 

www.yoox.com

 

www.yoox.com


www.yoox.com

 

www.yoox.com

 

このルコックスポルティフは6,700円!

値ごろだし買ってみようかな。

 

編集:村松 諒

夏の魔法とトーチ

編集部長嶋です。

ENJOY MUSIC CLUB「夏の魔法」のMVがいいです。



f:id:hynm:20170602155142p:plain



同性愛カップルを描いた4:30。




特別扱いするわけでも過剰に演出するわけでもなく、同性同士の愛情の形にまっすぐフォーカスしているところがあっぱれですね。バンド・シャムキャッツの夏目知幸、ハマり役だなと。


映像ディレクターはENJOY MUSIC CLUBのメンバー、松本壮史。音楽も映像もやれちゃうその才能には驚くばかりなのですが、同じくメンバーのひらのりょうは漫画とアニメーションの分野でも活躍しています。



to-ti.in



こちらがひらのりょうの漫画「ファンタスティックワールド」。僕は単行本を買いましたが、途中までWEB上で読めるのでぜひお試しを。ファンタジー?SF?セカイ系?分類するための言葉が見つからない唯一性と、そこで描かれる普遍的なテーマ、とにかくスピード感のある展開に引き込まれます。

f:id:hynm:20170602154839p:plain

to-ti.in


以前から個性の立った漫画をWEB上で無料公開している「トーチ」。この度リニューアルしたそうです。無料公開をしながら単行本を販売し、きちっと作家をサポートしている姿勢はとにかく素晴らしいですね。インターネットメディアはさまざま増えていますが、作家を支えながら収益化し続けていくことの難しさたるや・・・。


to-ti.in


底抜けに後味の悪いこちらもぜひ。単行本の推薦帯は大森靖子がこう書いています。

「とくべつ強くなりたい女の子は、どんな手を使っていても、美しい。」


それでは!


編集:長嶋