「SHOPPING ADDICT」で紹介したスニーカー。

『フイナム』をご覧のみなさま、

こんばんは。村松です。

12月に入って、寒い日が続いていますね。

気づけば今年も終わりです。

最近、本当に時間の流れが早い。

楽しい時間なんてあっという間。

というか一瞬。

歳を重ねるごとに早さが増している感じがします。

 

話は変わりますが、

今年9月の「SHOPPING ADDICT」で

ぼくが紹介したスニーカーを覚えていますか?

アディダス オリジナルスのキャンパスです。

f:id:hynm:20171210170856j:plain

www.houyhnhnm.jp

 

実際に欲しかったので、

買おうと思っていたのですが、

スニーカーよりも欲しいものがあり、

後回しになって、すっかり忘れていました。。

だけど、先週、何かのきっかけで

ふとキャンパスのことを思い出して、

アディダスのオフィシャルオンラインストアをチェックしました。

すると、なんと30%オフ(7,452円税込)…!

すぐさまポチッと押してコアブラックを購入しました。


いまのところ、

コアブラック、ナイトカーゴともに

ほぼ全サイズ在庫が残っています。

しかも送料無料!返品送料も!

気になるかたはぜひチェックしてみて下さい。

shop.adidas.jp

 

編集:村松

映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

『フイナム』をご覧のみなさま、

こんばんは。村松です。

12月1日は忘年会「HOUYHNHNM YEAR END PARTY」でした。

普段なかなか会えないかたとも

お話できたり、声を掛けてもらったり、

本当にたくさんの方々に支えられていると実感しました。

来て下さった皆さま、ありがとうございました。

 

 

今回のブログでは

先日、試写で観た映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』を紹介します。

 

この映画はドリス本人に迫ったドキュメンタリー。

2014年9月から2016年1月までを密着し、

ショーの舞台裏を始め、服の製作過程からプライベートまで紹介。

特にいま、ファッションを続けるのが難しい時代のなかで、

資本提供を受けることなく、

誠実にクリエーションを行っているのが伝わってくる内容です。

 


映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』予告

 

ファッションデザイナーの

ドキュメンタリー映画というと2014年に公開された、

ラフ・シモンズの『ディオールと私』が記憶に新しいですね。

ラフが初めて手がけるオートクチュールを題材に、

通常より短い時間のなかで作らなければいけない、彼にのしかかる重圧や、

それをサポートするディオールの優れたアトリエチームに迫った映画でした。

 

ドリス・ヴァン・ノッテンの映画は、

クリエーションはもちろんですが、

とくにプライベートな部分が印象的。

アントワープ郊外の自宅での様子など、

パートナーとの生活がしっかり捉えられていて、

ドリス本人の人柄がとてもよく伝わってきます。

 

個人的な話ですが、

3年から4年前に渋谷のトゥモローランド

ドリス ヴァン ノッテンのセットアップを購入しました。

ネイビーのカジュアルなスーツで、

少し長めの丈でやや大きめのラペルがついた

ジャケットが気に入っています。

先日、友だちの結婚パーティーに着ていったときに

やっぱり良いものは時間が経っても

古びないと改めて実感。

 

正直なところ、ドリス ヴァン ノッテンの服は

なかなか気軽に手の出せるものではないと思います。

だけど、映画を観て、そこには相応の理由があることが分かったし、

このブランドに対しての思い入れがより強くなりました。

映画は来年1月13日(土)から公開。

ファッションが好きなひとにぜひ観て欲しい一本です。

 

f:id:hynm:20171203174527j:plain

 

dries-movie.com

 

編集:村松

「これはエモい」ステッカー。

こんにちは。
編集部の長嶋です。

以前から、知人の間でまことしやかに流行っているステッカーがあります。

f:id:hynm:20171107190948p:plain


一押しは「これはエモい!」


インターネットスラングを生活感溢れるモチーフとドッキングしたあたりが、皮肉っぽくてキャッチー。


f:id:hynm:20171107190950p:plain


いろいろ使えます。


f:id:hynm:20171107190943p:plain


「バイブス」って言いがちな方に最適な新作も。


作っている方の情報はこちら。

名前:ki_moi(きもい)
プロフィール:デザイナー。各種イベントやインターネットを中心にあかるくたのしい趣味のデザイン活動をしています。デザイナー7人組グループ・シンコペーションズの一員としても活動中。富山県出身。
twitter / instagram : @ki_moi


ありふれたものに皮肉を加えて、クールな方へ打ち上げるスタンスが魅力的です。

週末のデザインフェスタで販売されるようなので、気になる方はチェックしてみてください。



編集:長嶋