たまねぎは涙をながさず切れるのだ。

『フイナム』をご覧のみなさま、

こんにちは、村松です。

改めて、見返していたら

前回このブログを書いたのは7月…。

気づけばあっという間に10月です。

もうすぐ年末なんて言っている間に

今年も終わってしまいそうです(笑)。

 

 

今回紹介するのは、

『フイナム』でたびたび撮影をお願いしている

写真家・竹中祥平さんの個展です。

 

竹中さんは1987年生まれ。

日本写真専門学校を卒業後、

スタジオ勤務を経て、

写真家・横浪修さんのもとで経験を積み

2015年に独立。

現在は雑誌や広告を中心に活躍されています。

 

ぼくが竹中さんに初めて撮影をお願いしたのは

『フイナム』に入ってから。

入社して間もないころに担当した、

ユニクロのタイアップの撮影です。

スタイリストは檜垣健太郎さん。

 

日本人の若い男女のモデルを起用し、

ふたりの甘酸っぱい関係を表現した

ファッションストーリー。

贅沢にたくさんの写真を使って表現した

ストーリーはやっぱりWEBならでは。

雑誌ではなかなかできないと思います。

 

これまでさまざまなファッションシュートを

担当してきましたが、

特に思い出に残っている記事です。

 

『フイナム』のサイトがリニューアルする前に

つくった記事なので、スマホじゃなくて、

ぜひPCで見て欲しい…!

 

www.houyhnhnm.jp

 

内容が逸れましたが、、

10月6日(土)から竹中さんの

写真展が開かれます。そのタイトルは、

「たまねぎは涙をながさず切れるのだ 。」

 

このブログのタイトルを見て、

何のこと? って思ったかたもいるかもしれません。

この文章、とても強くてどこか印象的ですね。

 

下の写真は展示される作品の一部です。

f:id:hynm:20181002160231p:plain

 

f:id:hynm:20181002160618p:plain

 

f:id:hynm:20181002160638p:plain

 

f:id:hynm:20181002160651p:plain

 

f:id:hynm:20181002160706p:plain

 

竹中さんは

写真の世界に魅了され、光を追いかけるうちに

日常が少し違って見え始めたという経験と、

ほんの少しの工夫で涙を流さずにたまねぎは切れる、

という事実がどこかしら似ていると感じたそう。

今回展示される約30点には、

見つめ方を少し変えるだけで世界は

こんなにも違って見えるのだ、

というメッセージが込められています。

開催に合わせて、400部限定の

写真集(¥3,600+TAX)も発売されます。

 

f:id:hynm:20181002161638p:plain

 

竹中祥平写真展

「たまねぎは涙をながさず切れるのだ。」

会期:10月6日(土)〜14日(日)

時間:12:00〜19:00

場所:BOOK AND SONS 1F&2F

住所:東京都目黒区鷹番2-13-3 キャトル鷹番

入場無料

http://shoheitakenaka.com/

 

ファッション写真とは異なる、

どこか見入ってしまう美しく強い写真の数々。

紹介した写真をみただけでも

竹中さん自身を感じさせる

どこか優しくウイットのきいた雰囲気を

感じ取ることができます。

 

気になるかたは

ぜひ写真展で直接確かめてみて下さい。

 

編集:村松

サマーセール!

『フイナム』をご覧のみなさま

こんばんは、村松です。

気づけばあっという間に半年が終わって7月です。

もう夏本番ですね。

 

街に目を移すと、たくさんの

お店でセールが行われています。

僕はいつもセレクトショップを見てまわるのですが、

今年は目線を変えて百貨店に行ってみました。

選んだのは、会社から程近い西武渋谷店。

 

実は西武渋谷店には思い出があって、

B館の1階にヘルムート ラングのコーナーが

あったときはよく見に行っていたんです。

もう10年以上前だと思います。

 

いまでもファッションに力を入れていることは

何となく知っていて、実際に行ってみると

バレンシアガなどのラグジュアリーブランドを始め、

コム デ ギャルソンやヨウジヤマモトなどの

日本のブランドの売り場、

OAMCやアミダブレット、ファセッタズムなどを

まとめたコーナーもありました。

 

メンズのフロアを見て回っているときに

たまたま立ち寄ったのが、アンダーウェアのコーナー。

まさかと思ってチェックしたら、

ラルフ・ローレンブルックス ブラザーズなどの

ブランドに混ざって、僕が愛用している

カルバン・クラインもしっかりセール価格でした(笑)。

しかも、デザインもサイズも豊富…。

アンダーウェアを買うつもりではなかったけど、

同じものを4つ大人買い!!

偶然だったけど、いい買い物ができました。

 

f:id:hynm:20180708192734j:plain

 

この後も西武渋谷店を回っていたのですが、

もしやと思って入った

プラダもセールをやっていました。

しかも…服が50%オフ…!

その中で目に止まったのが、黒のパンツ。

リーバイスのスタプレを思わせる

僕の好みのデザイン。

値札を見ると約8万円が約4万円…!

この衝撃に駆られて、試着室で20分ぐらい散々悩んだ挙句、

買う一歩手前まで傾いたのですが、

結局止めました。

 

振り返ってみると(プラダではなく)、

百貨店に行くとまとめていろいろなものが見れて便利ですね。

いろいろ新しい発見があるというか。

普段、ファッションに携わる仕事をしていても

伊勢丹新宿店以外、なかなか行かないので、改めて実感。

 

特にいまの時期はおすすめかもしれません。

 

編集:村松

ここ最近公開した記事をつらつらと。

ブログをご覧のみなさまこんにちは。編集の石井です。

たまには担当した記事の紹介でもしてみようかと。
ここ一週間で公開されたものを簡単に振り返ってみます。


www.houyhnhnm.jp
まずはこちら。本日公開された、ブルックリン発のアウトロー集団・LO LIFEのラック・ローへのインタビュー。いまでは当たり前となった、ポロをストリートファッションに持ち込んだ先駆けで、ここ最近復刻された一連の90'sコレクションやウィングフットなんかを流行らせた張本人です。LO LIFEのオリジナルメンバーがこうして日本の媒体に出てくること自体非常に貴重だし、創始者のひとりであるラック・ロー本人の口から、LO LIFEのことや某Pブランドのことまで色々と聞けたという資料的価値の高い記事となりました。

www.houyhnhnm.jp
お次はこちら、KEENのUNEEKの各パーツを自分好みの色に変えれちゃうサービス「UNEEKBOT」を、WONKの長塚さん、モデルのヴァネッサさん、スタイリストのTEPPEIさんに体験してもらいました。お三方の色を組み合わせて行く過程や悩みどころがそれぞれ違って見ていて面白いんです。出来上がったものを見ても、三者三様それぞれの個性がUNEEKの中に見事に表現されていました。ちなみにこのサービスは現在「ビームス 原宿」で7月8日まで行われているので、少しでも気になった方はぜひ。


www.houyhnhnm.jp
最後はこちら、元乃木坂46伊藤万理華ちゃんをモデルにしたブルーナボインの記事。彼女のことは乃木坂46時代から常々チェックしていました。当時から周りのメンバーと比べてもひときわ個性が際立っていましたが、ソロになって一段と輝きが増したように思います。この撮影でも彼女なりにブルーナボインを解釈してもらい、自由に着こなしてもらったのですが、その表現力たるや。インタビューでも言ってましたが、個人的にも演技をしている彼女の姿が見てみたと思わせる、そんな撮影現場でした。


www.youtube.com
おまけ。昨年末、伊藤万理華ちゃんが乃木坂46を卒業する間際に発表された『はじまりか、』のPV。ファンに対する思いを詩にしたため、喋べりかけるように歌うその姿がもうね。「ありがとう」という気持ちがこれでもかと伝わってきて、はじめて見たときはほろりと涙が。本当に感動するのでぜひ見てもらいたい! そしてこのPVでも彼女の表現力が遺憾なく発揮されているので、そこにも注目してもらいたい!6分超えの長まわし!圧巻です。