THURSDAY LOVEでした。

こんにちは。
編集部の長嶋です。

f:id:hynm:20170803211352j:plain


昨晩は初開催の「THURSDAY LOVE」でした。

HOUYHNHNM、GIRL HOUYHNHNM、TRUNK(HOTEL)の三者が共同で開催したラウンジパーティ。

たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。

関係者、お友達、そして読者。
フイナムに縁のある人だけが集ってメローな音楽に耳を傾けるラウンジ空間、とにかくハッピーでした。


f:id:hynm:20170803201759j:plain

f:id:hynm:20170803194043j:plain

f:id:hynm:20170803205701j:plain

f:id:hynm:20170803234141j:plain



次回以降はもっと人と人が楽しく関われるようにしたいなーというのが反省会@バーミヤンで出た結論です。

今後も不定期開催予定(たぶん)。

今回は尻込みしたあなたも、次回はえいやっと足を運んでみてください。


それではまた木曜日にお会いしましょう!


編集部:長嶋

EGO-WRAPPIN' 観に行ってきました。

フイナムをご覧のみなさま、お初にお目にかかります。河原 嶺(カワハラ レイ)と申します。

フイナムのメンバーに合流して約4カ月、初ブログを書いてます。前は黄色と赤が目印の某レコード店で働いておりました、21歳の若僧です。

f:id:hynm:20170709203524j:plain


さて、先日フイナムでこんな記事を公開しました!

www.houyhnhnm.jp



日頃からフイナムをご覧になっている方へ、感謝の気持ちを込めて、読者プレゼントを開催中です。

あのブランドの超名作や、話題の新作アイテムまで、なんと約70点ほど大放出。ご協力頂いた、ブランドさん、メーカーさんありがとうございました。

締め切りまであと1週間。どしどしご応募下さい!



本日7月9日(日)は、EGO-WRAPPIN'の日比谷野音ライブへ。

フイナム編集、 BOBパイセンの「野音のEGO-WRAPPIN'は絶対観た方が良い!」という声に押され、同じくフイナムJun Nakadaパイセンと日比谷公園に。


西日が木陰から差し込む野音、やはり特別な空間でした。くちばしにチェリー、色彩のブルース、Neon Sign Stompバッチリやってくれて最高の一言に尽きます。

f:id:hynm:20170709204048j:plain




若輩者ですが、これからフイナムのカワハラレイを宜しくお願いします!




では!!

f:id:hynm:20170709203654j:plain

パリの足元は、、、。

編集部ブログをご覧のみなさま、ボンジュルにちは。石井です。
先日フランスより帰国しました。

パリで過ごした6日間は、とにかく歩いて歩いて歩きまくってショーや展示会を見てまわりました。
そんなわけで、なるべく足に負担が掛からないよう歩きやすい靴を幾つか持っていったのですが、
なかでも頼りになったのがパラブーツ(Paraboot)のアヴィニョン(AVIGNON)でした。
f:id:hynm:20170623130319j:plain
パリでおろしたアヴィニョンのブラック! セーヌ川でさっそくパシャリ。

パラブーツはこれまでシャンボード、ミカエル、ランス、ウィリアム、シャンルース、バース、ヨセミテ
そしてアヴィニョンと色々なモデルを試してきましたが、個人的にはこれがベストです。
同じUチップのシャンボードよりも爪先がスマートでセンターシームが入っているのが特徴ですね。
この上品さとノルヴェイジャン製法によるカジュアルさの両方を合わせ持つバランス感がツボなのです。

また、自分の足とラストの相性が良いのでしょうか? おろしたてにも関わらず靴づれは一切せず、いきなり快適な履き心地。
足をしっかりとホールドするリスレザーの頼もしさ、クッション性に優れた自社製のラテックスソールなどなど、街履きとして歩行性はすこぶる良好。

革靴って勝手なイメージでスニーカーよりも窮屈に思われがちですが、
足にジャストフィットした革靴はどんなスニーカーよりも履き心地がいいしラクチン。
自分にとってそれがパラブーツなんです。


フランスはパラブーツのお膝元。
しかもアヴィニョンパラブーツの中でも本国で一番支持されているモデルだそうで。
郷に入れば郷に従え。そんな気分もあり、滞在期間中、最も履いた1足でした。